仁 義 禮 智

孟 子
(BC372? - BC289?)

名は()。字は()輿()。中国、戦国時代の儒家。 


 孔子の「仁」が個人の人格であり、いざという時にもなお守り通す確固たる「忍」であったのに対し、孟子は「仁」を「心」、「人に忍びざるの心」、 つまり人として思わずにはいられない内発的な思い、即ち人間性そのものと考えました。
 そして、孔子の言う人格としての「仁」はいざという時にならなければ分らない、と考えられるのに対し、孟子は、人間性としての「仁」は生まれながらにすべての人に備わっているものである、と考えます。

 孟子はこの先天的な人間性としての「仁」を、次のように説明します。
 例えば人は、誰でも、幼児が井戸に落ちたのを見れば、助けなければと思わずに いられないものです。それは、その親に取り入ろうとか、自分の名を広めようとかいうのでもなく、また、放っておいたら後で何を言われるかわからないと心配 している訳でもありません。ただまさにその瞬間に、打算も計算もなく、とにかく何とかしなければと、走り寄らずにはいられない。
 これが、孟子の言う「仁」 にほかなりません。

 このような人間性としての「仁」は、すべての人間に先天的に内在するものですから、それは言わば人間に対する天命であり、それ故に絶対的に天理に 対して「義」であり、つまり善である、ということになります。
 このように「人間の本性は善である」とする「性善説」の立場を取ります。仏教で言う処の「人 間悉有仏性」です。

 この生まれながらの人間の本性としての個人的な「仁」こそが、人類の文明としての社会的な「仁」であり、愛倫禮智の源泉です。
 そこで孟子は、この「仁」を「四端」とも呼びます。

「惻隠之心仁之端也 (惻隠の心は仁の端なり)
 羞悪之心義之端也 (羞悪の心は義の端なり)
 辭譲之心禮之端也 (辭譲の心は禮の端なり)
 是非之心智之端也 (是非の心は智の端なり)
 人之有是四端也
 猶其有四體」 
(『孟子』公孫丑章句上6)

 「惻隠の心」とは、同じ人間として相手を憐れみ悼まずにいられない思いであり、外的な「仁」、つまり「愛」の源泉であるとされます。
 「羞悪の心」とは、恥ずべき物事を嫌い憎まずには居れない思いであり、外的な「義」、つまり「倫」の源泉であるとされます。
 「辞譲の心」とは、立派な人や物に対して畏れ縮こまらずには居れない思いであり、「禮」の源泉であるとされます。
 「是非の心」とは、物事の白黒をはっきりとさせずには居れない思いであり、「智」の源泉であるとされます。
 そして「仁義禮智は外より我を飾るものにはあらず、我はこれをもとより有せり」と孟子は言います。
 つまり愛倫禮智は、人間が他人から教えられて身につけ たものではなく、人間の本性である「仁」として、まさに生まれながらに身についているものであり、それが内から芽生えたものなのだと言うのです。

 この様に人間の本性としての「仁」こそが、愛倫禮智の「四端」なのです。
 つまり、愛や倫や礼や知などの文明は、ただたんに古代の聖人から形式的に 継承されているのではなく、それぞれの時代、それぞれの社会において、一人一人がそのつどその作者としてそこに再生することにおいてこそ、本当の文明とし て息づくことになるのです。
 この意味で、生まれながらの人間の性「本性」は、善であるばかりか聖ですらあるのです。それゆえ孟子は「聖人も我と類を同じく する者なり」
(『孟子』告子第六上)と言います。


Copyright 2011 npoJHPPS & Shitan-juku all right reserved.